鳥撮りインタビュー5

権造さんから鳥の写真を撮ったぞとの連絡があったので、お話を伺いました。




      
:鳥の写真撮ってみたぞ。
        スコープとデジカメで。
        
インタビュアー:どうでしたか?

      
うーん。
        鳥は難しいな。

これは今日いちばんよく撮れたやつ。
ムクドリだ。




なんで撮れたかって言うと
こいつはじーっとここにとまってたからだ。

 



走ってるのはなかなか撮れない。
ピントもずれるし、ブレちゃうぞ。





スズメどももちょこちょこ動きやがって
まともに撮れない。
もう夕方で光量も足らんがな。





こいつらはほんとは口の端が黄色い幼鳥なんだがな。
ひよっこな感じがかわいかったんだけどな。



インタビュアー:けっこう撮れましたね。

      
そうか?
        もうちょっとちゃんと撮りたいんだがな。
        スズメの幼鳥の口の端の黄色いのが撮りたいぞ。
        もうちょっと明るい時間に撮りに行かないといかんな。
        次は我慢して一脚も持っていくかな。
                 
インタビュアー:ふふふ。
        木の上のムクドリかわいいですね。
        やっぱり幼鳥なんじゃないんですか。
        それでぼーっとしてたのかも。

      
そうだな。
        かわいいし、えらいやつだ。
        みんなこうならいいのにな。
        鳥たちはみんなこいつを見習え!

インタビュアー:スコープの具合はどうですか?

      
カメラとのつなぎ具合はまあまあだな。
        でもな、鳥を視野に入れるのはやっぱり難しいな。
        これは練習してうまくならんといかん。
        肉眼で確認したらすぐにそこを見れるようにならんとな。
        その道の達人になりたいぞ。かっこいいしな。
        
君もやってみたらどうだ。
        間違いなく尊敬されるぞ。
        じゃあな。